アイメイクをする際のリムーバーというのはご存じですか?敏感肌や乾燥肌の人はリムーバーの選び方によってアイメイクに関するさまざまな事が変わります。ここではアイメイクリムーバーに関する選び方・使い方・おさえておきたいポイントについてご紹介しています。

アイメイクをする場合は、簡単に落ちないよう念入りに仕上げますが、持ちが良い分落とすのに苦労します。
特にマスカラはアイメイクの要になるので、しっかりとたっぷり付ける傾向があります。
最近はボリュームを出せるのにお湯でも簡単に洗い流せるタイプも出ていますが、汗を書く季節にはアイメイクも落ちやすいのでウォータープルーフが好まれます。
水や汗にも強いのはメリットですが、メイクを落とす時は通常のクレンジングでは簡単に落とせませんので専用のリムーバーが必要です。
専用のリムーバーを使えば、ゴシゴシこすらなくても優しく簡単にアイメイクを落とす事ができます。
大抵はメーカー毎に専用のリムーバーも発売されていますので、それを購入すればいいでしょう。
マスカラを売っている所の近くに、専用リムーバーもあるはずなのですぐにわかります。

通常のクレンジングで落とそうとしても、しっかり落とせない事が多くマスカラが残ったままになってしまいます。
これではメイクをしたまま寝るのと同じ状態なので、とても不衛生です。
特にウォータープルーフタイプのマスカラはクレンジングでも落とせない物が多いので、必ず専用のリムーバーを使って落としてください。
専用のリムーバーを使っていても、落とす時にゴシゴシと強くこすってしまうと目に負担をかけます。
目の周囲は皮膚が薄くデリケートなので、メイクオフの時も力を入れず優しく落とすのが鉄則です。

専用リムーバーでも中には、化学的に合成した成分や添加物を使用している物があります。
これがないとアイメイクが落とせないので仕方なく使っているという人もいますが、敏感肌の人は肌荒れを起こす事があります。
こいう場合は無添加のリムーバーもありますが、メーカーによっては完全に落とせない場合もあるので、マスカラを見直すのも必要かもしれません。

リムーバーは使い方にも注意しましょう。
正しい使い方はコットンにたっぷりのリムーバーを染みこませて、直接目に当てます。
強く押し当てるとリムーバーが目に染み込む可能性があるので、目をしっかり閉じ力は加減してください。
アイメイクになじませるために10秒ほどそのまま置きます。
大抵はここでスルっと落とせますが、落としきれていない場合はもう一度繰り返します。
最後にリムーバーを染みこませたコットンで、まつげを挟むようにして落とし残しがないか確認しましょう。
リムーバーでアイメイクを落としたら、クレンジングと洗顔でメイクオフは完了です。