アイメイクをする際には良い点だけではなく、悪い点やトラブルも念頭に置きながらアイメイクを行うのが良いですよね。アイメイクをする際の目やお肌に関するトラブルや対処法・下まぶたや粘膜部分の部分や病気などなどを気になる情報を収集してみました。

目が大きくてパッチリしている方が可愛く見えると思われる傾向があるので、アイメイクにこだわる人も増えています。
アイラインをしっかりと引き、マスカラを多めに付けるだけでも目の印象は変わりますが、それでも足りずにマツエクや付けまつ毛といろいろな物を使って目を大きく見せようとします。
確かに目が大きいと印象もかわりますが、大きく見せる事だけに注意が向いてしまい、目や肌のトラブルを起こす人が増えているのも事実です。
アイメイクもやり方を間違えてしまうと、思わぬ病気を引き起こす事があるので注意してください。
アイメイクに伴い増えているトラブルをいくつか紹介しておきます。

最も多いのがアイラインでのトラブルです。
まぶたギリギリのところや、下まぶたのギリギリのところならまだいいのですが、さらに内側の粘膜部分にまでアイラインを引く人がいます。
こうすると確かに目をより大きく見せる事ができますが、粘膜部分にはマイボーム腺という目の潤いを守るために脂を分泌する腺がありますので、これを塞いでしまいます。
マイボーム腺から適度に脂が分泌されている事で、目の潤いを保てているのですが、アイラインでこれを塞いでしまうと目が乾燥しドライアイになるリスクが高まります。
出口を失った脂はそこにたまってしまうので、雑菌が入り込むと炎症を起こしものもらいのようになってしまいます。
マイボーム腺を塞ぐのはアイラインだけでなく、繊維質を含むマスカラや、ラメ入のアイシャドウでも起こります。
こういうメイク用品を使う場合は、目の粘膜部分は避け安全な部分だけにとどめておきましょう。

粘膜部分までアイラインを使う場合に、滑って目の中に芯が入り込んでしまう事もあります。
マスカラも目の粘膜部分まで塗る人がいますが、成分が目に入り込めばしみたり痛みを感じたりする事がありますし、その度に目にダメージを与えてしまいます。
この場合は直接目にダメージを与えてしまいますし、その時しっかりと対処しないと充血して目が真っ赤になってしまいますし、結膜炎に発展する可能性もあります。
こうなってしまうとしばらくアイメイクができなくなるので十分注意してください。

アイメイクはどちらかというとしっかりと付ける物ですが、しっかりと付けた分丁寧に落とす事も大切です。
落としきれていないと色素沈着を起こし、目の下のクマやまぶたのくすみにつながります。
メイク用品の原料は石油系の物が多いので、目に入れないようにするのは大切な事と理解してください。