アイメイクで大事なのはきちんとアイメイクを落とすことです。しっかり落とさずに寝てしまうとお肌に悪い影響を与えてしまいますよね?しかも思っている以上にお肌のシミ・しわ・たるみなどが加速してしまいます。ここではアイメイクの正しい落とし方と注意点についてご紹介しています。

メイクの仕方も人により違いはありますが、アイメイクは特に念入りに行うという人も多いと思います。
目を大きく見せるために、アイラインをしっかり引いて、マスカラもたっぷりつけるのが人気です。
メーカーによる違いもありますが、汗をかきやすい季節には汗でアイメイクが落ちてしまう事があります。
これを防ぐためには、ウォータープルーフの物が便利です。
しかしウォータープルーフのメイク用品は、水や汗に強い代わりに普通のクレンジングでは落とせない場合があります。
大抵はメーカー毎に専用のリムーバーがあるので、それを使えば落とせます。
ただしアイメイクには正しい落とし方というのがありますし、思い込みや勘違いで間違った使い方をしてしまう場合もあるので注意しましょう。

アイメイクの正しい落とし方は、力を入れてこすらない事です。
普通のクレンジングでは落とせないマスカラやアイラインは必ず、専用のリムーバーを使ってください、そうしないと落としきれないメイク汚れが蓄積され、くすみやシミの原因となってしまいます。
ウォータープルーフの場合は水溶性のクレンジングでは落とせないので、必ず専用の物を使います。
アイメイクを落とす時に専用のリムーバーを直接目の周囲に付けてもいいのですが、どうしてもこすってしまうのでこの場合はコットンを使うのがおすすめです。

コットンにたっぷりのリムーバーを染み込ませたら、やさしく目に当ててしばらく待ちます。
この時コットンに染み込ませる量が足りないと、メイクになじまないのでたっぷり使うのがポイントです、しばらくしたらメイクが浮いてくるので優しくオフします。
大抵は一度で落ちると思いますが、完全に落としきれていない場合はもう一度同じ工程を繰り返します。
強くこすってしまうとメイクやリムーバーが目に入る可能性がありますし、刺激は肌トラブルの原因となるので、力を入れず優しく落としてあげましょう。
ここでしっかりとアイメイクを落としておけば、後はいつも通りクレンジングと洗顔をすればOKです。
この時もこすらずに、優しくクルクルと円を描きながらマッサージするようにします。

アイメイクは毎回しっかり落とす事も大切ですが、落としすぎにも注意が必要です。
しっかりメイクを落とすには洗浄力の強いリムーバーを使いますので、クレンジングや洗顔は肌に負担をかけない優しい成分を選びます。
洗顔後目の周辺がつっぱっていると感じた場合は、落としすぎの可能性もあるので成分を見直してみましょう。