奥二重の方のアイメイクってちょっと難しい場合があったりしますが、腫れぼったくなりがちな奥二重の人のアイメイクについてのページです。アイメイクがうまくいかない方や困っている方に向けてアイラインや色の選び方・ナチュラルメイクも含めた情報を掲載していますので奥二重の方には是非知ってください。

一般的には一重まぶたよりも、二重まぶたのほうが目がパッチリしていて大きく見え、メイクも映えるという理由からも好まれています。
一重でもアイプチやシールで二重にする事ができますが、今は整形への抵抗もなくなりつつある事から、気軽にできるプチ整形で二重まぶたにするのも人気です。
本当は二重まぶたなのに一重まぶたのほうに、なんとなく腫れぼったく見えてしまうのが、奥二重です。
でもメイクの仕方によっては、はれぼったく見えてしまう奥二重をスッキリと見せる事ができます。

奥二重の人は目をはっきり見せようとして、必要以上に塗りすぎてしまう傾向があります。
目を閉じた状態で多めにアイシャドウを塗っても、目を開けると隠れてしまうのがよくやってしまうミスです。
どのような印象に仕上げたいかにもよりますが、ナチュラルメイクを意識するなら思い切って隠れる所よりも、出ている所に重点を置いてメイクしてみましょう。
もちろん隠れている所にもベースなどはきちんと塗っていきますが、目尻の方にポイントを置く方がメイクの効果を実感しやすくなります。

奥二重の悩みで最も多いのが、アイシャドウがヨレてしまう事です。
この場合はアイシャドウのテクスチャーを変えてみるのもいい方法です。
パウダーよりはウェットタイプがフィット感もアップするので、ヨレを防げます。
パウダーしか無い場合でも、コンシーラーなどウェット感のあるアイテムを付けその上に乗せて使うとしっかりとフィットさせる事ができます。
色は薄い色やピンク系だけにしてしまうと、はれぼったさを強調してしまうので、引き締めるためにブラウン系を使うと効果的です、色合いのバランスとグラデーションを上手く使い分けましょう。

奥二重をスッキリ見せるにはアイラインもポイントになります。
通常は目のカーブに合わせてラインを引きますが、目尻の方は中央から水平にラインを引くとスッキリとした印象に仕上がります。
最初は細めに1本のラインを引き、目尻との隙間を埋めながら最終的に三角になるようにすると目尻にインパクトが出るのでシャープな印象が、はれぼったさをカバーしてくれます。
アイライナーにも種類はありますが、ビギナーにはペンシルタイプ、メイクになれている人にはリキッドタイプがオススメです。
もちろん好みもあると思いますので、使いやすい方を選んでください。
黒い方がシャープに見えますが、ナチュラルメイク風に仕上げたいならブラウン系もいいと思います。