アイメイクの中でナチュラルに見せたい場合のメイク方法って意外とコツがあったりやり方によって変わったりします。自然に見せるメイク方法・アイシャドウや道具の選び方・メイクの順番などナチュラルメイクに関する情報を掲載しています。

アイメイクはくっきり、はっきりしていた方が強いインパクトを与えられますが、人によってはきつい印象に見られてしまう事があります。
同じ人でもアイラインの太さや、アイシャドウの色を変えるだけでもかなり印象が変わります。
メイクの仕方はTOPに合わせて使い分けるのがおすすめです。
ナチュラルメイクは男性受けも良く、仕事でもプライベートでも活用できるので、ナチュラルメイク風のアイメイク術は是非覚えておきましょう。
メイクを自然に見せるには色選びもポイントになります、日本人は肌が黄色みを帯びているのでそれに近いブラウン系の色が良く馴染みます。
ナチュラルメイクはメイクしているのに、厚化粧に見えないように自然に仕上げるのがポイントですから、肌に近い色を使うととても自然に見えるのです。

アイシャドウを選ぶ時には、ブラウン系をいくつか色違いで選ぶのもいいのですが、最近は一つのパレットにナチュラルメイクに仕上げる色がセットになっている物も増えているので、そういうタイプを選ぶと便利です。
またメーカーによっては使う順番をわかりやすく分けているので、その通り塗っていくだけで簡単にナチュラルアイメイクが完成します。
最初から色がセットになっているパレットを見るとよくわかると思いますが、ナチュラルメイクに仕上げるには色の順番も重要です。
最初はベースとなる薄い色を塗り、まぶたのキワから順番に濃い色を上に向かってグラデーションさせていきます。

目頭から薄い色を重ね、目尻に向かって濃くしていくと奥行のあるナチュラルメイクに仕上がります。
目尻に向かうほど色を濃くすると、ちょうどいい具合に影ができるので彫りが深く見えます。
ナチュラルは守りつつ立体感を出したいときにオススメのテクニックです。

おなじブラウンでも色合いやトーンの違いで仕上がりや印象も変わります。
セットになっているアイシャドウパレットにも、ナチュラルメイク可能な物はいくつかありますが、同じナチュラルメイクでも黒目を際立たせるタイプや、目全体を大きく見せるなど効果もいろいろあります。
ブラウンは一番無難な色ですが、ピンク系なら甘い印象になり、よりダーク系ならクールな印象に見せる事ができます。
ラメなども取り入れながら、自分に合ったナチュラルメイクを完成させてください。
100円ショップで購入できるアイシャドウも意外と使いやすいので、足りない色を補う時やグラデーションを作る時にも便利です。