デカ目にするようなアイメイクが流行っていますね。やっぱりアイメイクのやり方によって綺麗なメイクになるコツがあると思います。アイシャドウの使い方・マスカラやアイテイナーなどのアイテムについて、メイク方法などなどデカ目になりたい方は必見です。

目の大きさにも個人差がありますので、生まれつき目が小さい人もいれば、目が大きい人もいます。
目の大きさに違いはありますが、メイクでもコツを覚えれば目を大きく見せる事ができます。
元々の大きさよりも大きく見せるには、いくつかのポイントがあります。
大きく見せるのは目の錯覚などもありますが、ここをうまく利用するのも賢い方法です。
アイシャドウ、アイライナー、マスカラでも使い方次第で目の大きさが変わるので、試しに片方だけやってみるのもいいと思います。

デカ目に見せるポイントとして、アイシャドウの使い方も覚えておきましょう。
アイシャドウを塗る前に下地をしっかり付けると、色の発色が良くなり陰影が付けやすくなります。
下地がない場合は、明るめの色をまぶた全体になじませておきます。
できればアイシャドウは何色かを使い分けたいので、色もいくつか用意してください。
濃いめの色、中間色、薄い色があれば理想です。
より自然なデカ目に見せたいなら、肌や瞳の色に近い茶系がオススメです。
まぶたのキワに一番濃い色をのせ、離れるほど薄い色にしてグラデーションを作ります。
最初にベースをきちんと付けておくと綺麗に発色するので、彫りが深くみえデカ目効果もアップします。

アイラインもデカ目には欠かせないアイテムです。
ただしラインが太すぎるとかえって不自然に見えてしまうので、1本適度な幅でアイラインを引いたらあとはぼかして調節します。
この時全体をぼかしてしまうと、ぼんやりとした印象になるのでぼかし過ぎにも注意してください。
上はまぶた全体に引いてもいいのですが、下まぶたは瞳から目尻くらいまでにしたほうが自然に見えますし、バランスも整います。
粘膜部分にまでラインを引いてしまうと目のトラブルにつながります。
目のキワギリギリでも十分にデカ目に見せられるので、ここは注意してください。
上手くぼかせない時は、綿棒を使うとバランスよくぼかせます。

仕上げはマスカラですが、まつ毛は事前にビューラーで上向きにしておきます。
マスカラにも種類がありますが、量よりも長さを重視しましょう。
マツエクをしている人やつけまつ毛を使うなら、無理にマスカラを盛る必要はありませんので、1度塗り程度でも十分です。
塗りすぎてしまいダマになってしまうと、バランスが悪くなってしまいます。
ぼってり系よりも、スッキリと長いまつ毛の方がデカ目効果もアップしますので、バランスを考えてマスカラを付けるのもポイントです。